今、マラソンがブームとなっていますが、次は断然ロードレース(ロードレーサー、ロードバイク)がおすすめです! ダイエットにもおすすめですし、なんといってもロードレースは「カッコいい」のです! 失敗しないロードレーサーの購入方法から、果てはトライアスロンへのチャレンジまで、ロードレースの魅力を幅広く解説します。

ロードレースのススメ~カッコいい自分を手に入れるための10章

*

遠出するにはロードレーサー!最高の足がここにある

      2016/02/10

ロードレースに少し慣れたら

ロードレーサーに乗るのにある程度慣れたら今度は目標を持ってみるといいでしょう。目標のお勧めはスピードに対する目標と距離に対する目標です。
スピードに対する目標ですが、例えば同じコースを走ってタイムトライアルをしてみるといいでしょう。オススメは夜の広い公園で周回があるようなところです。人も少なく、思い切りスピードを出せるところだと気持ちよく走る事が出来ます。ロードレーサーの魅力は何と言ってもスピードです。その魅力を充分に発揮してさらなるスピードを追求する事は楽しさを追求することに直結します。
距離に対する目標はやはり遠出をすることです。ママチャリで遠出と言ったらせいぜい20キロ程度だと思います。しかしロードレーサーで遠出と言ったら50キロ、100キロいや、それ以上遠くに行くことが可能です。目的地を決めて行くのもいいでしょう。距離を目標値にするのもいいでしょう。とにかく遠くまで行くことが出来る最高の足を堪能してみてください。ちなみにロードレーサーで長距離移動することをロングライドと言うので覚えといてください。

 

ロードバイク

 

ロングライドしてみよう。

ロングライドをする際に準備しておいた方がいいのはある程度のお金とあれば替えのチューブ、簡易的な空気入れ、着替え等です。最悪行き先で故障、もしくは帰りを断念することも念頭に入れ電車で帰るというのも視野に入れておくといいでしょう。さらに初心者の場合2人以上でロングライドすることをお勧めしますが、周りに行くような人がいないという場合は一人でも大丈夫です。
ロングライドで気をつけなければいけない事はペースと走る場所です。特に前半はペースを落としてこのペースだったら1日中こいでいられるというくらいまでペースを落とすといいでしょう。さらに走る場所は車道を走るわけですが、信号が変わった直後でも対する信号が青にならないので突っ込んでくるロードレーサーのドライバーはいっぱいいるので真似をしないようにしてください。あくまでもマナーのいいでしょうロングライダーになってください。
さらにロングライドをする際にはこまめに水分補給をし、休憩の際には体を冷やしすぎないよう、汗を拭いてから休憩するようにしてください。

 

いろんなところへ行ってみる。

ロードバイク

 

上記に挙げたようにロードレーサーは遠出を可能にする乗り物です。お勧めするのは自分の家の半径50キロ位にある名所に行ってみる事です。その間にこんな所にこんな店があったんだという車では気づかなかった発見があるので絶対に損はないです。休日の晴れた日にロングライドなんて最高の時間の使い方なので楽しんでみてください。

 - 未分類